フランチャイズとは

フランチャイズという言葉を聞くようになって、随分長いですが、 一体フランチャイズとは、どんなものなのでしょうか。
漠然としたイメージでしか捉えられない方も多いのではないでしょうか。 一体どんなものをフランチャイズというのか、おおまかにお話します。

【フランチャイズの仕組】

フランチャイズは、フランチャイズの本部と、フランチャイズ加盟店によって成り立っています。
フランチャイズ本部は、そのフランチャイズ加盟店に対して、店名・ビジネスのノウハウ等を与え、 加盟店はそれを利用してビジネスをし、売上の何割かを「ロイヤリティー」として、本部に支払います。 加盟店が利益を多く出せば、本部の収入も上がるので、本部はサポートもしっかりします。 これがフランチャイズの大きな仕組になって運営されています。

【フランチャイズの種類。業種】

フランチャイズのビジネスの種類も業種も多様になってきています。
有名なものでは、コンビニエンスストアは全てフランチャイズです。 他にもファーストフード、お弁当、居酒屋、ラーメン屋などにも多くあります。
クリーニング店、介護、美容関連、整体、医療、IT、学習塾など日頃よく目にする名前は、 フランチャイズの加盟店だと思って間違いないです。

【フランチャイズ加盟店になるメリット】

知名度が既に高いので、利用者を集める手間がかかりません。
ノウハウは本部での研修で学ぶので、初心者でも大丈夫です。 ビジネスの内容はマニュアル化されているので、仕事は解りやすくなっています。
店舗を持つ場合、内装など決められているものなので安く済みます。 (或いは、店舗を持つ必要のないものもあります) 自分はオーナーですから、気に入った人を雇い、好きな時間帯で仕事ができます。

【まとめ】

フランチャイズ本部と加盟店は、ビジネスパートナーとして対等の関係です。
店舗物件の取得や従業員の人件費、水道光熱費などの経費は独立事業者である加盟店が負担します。 本部側から見れば、そういったコストをかけることなく多店舗化を実現できるメリットがあります。 加盟店になる時は、最初にどれくらいの経営コストがかかるか調べることも大切と言えます。
フランチャイズビジネスは、本部と加盟店の信頼関係の上に成り立つものです。

フランチャイズ加盟店になって、独立企業する人は増えてきています。
そのメリット、デメリットをよく把握して、自分に合ったフランチャイズビジネスを見つけましょう。