契約前にチェックすべきこと

フランチャイズチェーンの本部と加盟店になる契約を結ぶということは、 本部と加盟店が、それぞれに独立した事業者としてそれぞれの責任を持つということです。
加盟者は契約内容を十分に理解して、リスクの責任は自分にあるという自覚を持つことは、 大変重要なことだと言えます。契約前にチェックしておくべきポイントを考えましょう。

【本部の経営理念に賛同できるかどうか】

一番基本的なことですが、本部の経営理念に賛同できるかどうかは、大変重要です。
独立して加盟店を運営していく上で、本部との繋がりは切り離せません。 同じ理念のもとに経営をしていくことが、基本になるので、十分に理解する必要があります。

【本部の提示している情報だけを信じない】

本部が提示する「売上予測」「経費予測」など、算出方法を明確にしてもらうことは勿論ですが、 そのまま鵜呑みにするのではなく、同じ業者の資料や、同業者の話等も参考にして比較した上で、 その算出方法が妥当なものであるかどうか、十分に比較検討しましょう。
加盟希望者が独自に出店しようと思っている地域の研究をし、専門家の話を聞くことも大切です。

【店舗が未確定の時点で契約する場合には十分注意する】

契約の形態の中で、店舗候補の確定が決まる前に契約を結ぶという場合があります。
加盟金と同様の支払いをしたのに、開店出来ず、返金もされないというトラブルも多いです。 本部による開店に向けての支援の内容、開店できなかった場合の金銭の返還の有無など、 明確な説明を求めて、十分に理解する必要があります。

【ロイヤルティに関しての理解】

チェーンによってロイヤルティの算出方法は様々です。売上不振や営業コストの増大などにより 経営が赤字になったとしても、ロイヤルティの支払いが必要になることがあります。
廃棄ロスや棚卸ロスの扱い方はどうなっているか、売上が赤字になった場合はどうか、 様々なリスクと想定した上で、本部のロイヤルティの算出方法を十分に理解しましょう。
また様々な会計処理が、具体的にどのような形式で行われるのか、ということも、 契約前に十分に調べ、理解しておく必要があります。

【テリトリー権についての理解】

自分が開店する店舗の近隣に、将来同じ加盟店ができる可能性があるかどうか。
テリトリー権がない場合には、同じ加盟店同士が競合する可能性があるため、 契約するフランチャイズ本部の契約の条項や、出店計画は十分に調べましょう。

【解約しなければならない場合の規約】

経営が赤字続きで失敗した場合、中途解約するためにはどのような規約になっているのか、 加盟店は「解約金」を支払う必要があるのかどうか、十分に調べる必要があります。
解約の手続きや、解約金、損害賠償金などの支払いが生じるのかどうか、 その場合の計算方法はどのように行われるのか、十分に理解しておく必要があります。

フランチャイズ契約は、一時的なものではなく長期にわたって効力を有するものです。
契約内容をよく理解し、確認して、納得のいくまで本部から説明を受けましょう。